釣り座について

シェアする

海上レスキューサービス始めました♪♪

詳しくはこちら↓↓

海上レスキューサービス

会員様専用のスレッドを作成しております。

釣果速報や海図情報などを随時UPさせて頂きます。

浮かべておりませんので、本日は釣り座についてのお話を。

ボートの前方(船首)をミヨシ、後方(船尾)をトモって呼びます。

右舷・左舷は進行方向に対して右か左のことですからお分かりいただけますよね。

外部にも操舵装置(アフトステーション)があるボートでしたら、釣り人やラインの様子が見やすいように右舷側で釣りをさせる船長さんが多いみたいです。

しかしハヤシはミニボートあがりですので左舷で釣る習慣になっております。

ってかアフトステーションはあっても使わないんじゃないかな・・・

ボートを立ててから『あっ、向きが違った』とかハヤシにはほとんどございませんので。

以前にも書きましたが、道中の速度やステアリングにかかる抵抗から潮の効き具合や向き、周囲のボートの立ち方から風向きは分かったうえでボートを立てますから。

ではドコが1番釣り易い場所なのか?

腕の差によると思います。

【胴】

初心者さんは真ん中の『胴』と呼ばれる場所が安心だと思います。

何より最優先すべきは『安全』ですから。

デカい青物がかかった際には両隣りの釣り人さんは気を遣ってあげて下さい。

【ミヨシ】

構造上最も高さのあるポジションとなります。

潮が極端に素直で風が弱い際にラインはバーチカル(真下)に立ちますのでタイラバやイカメタルやスロジギには向いておりますが、ジギングには不向きです。ある程度斜めっていなければラインが竿先に絡んだりラインにコブ(結び目)ができたりしてしまいます。

しかし『高さ』があればバーチカルなジギングにも対応できます。

また後述しますが、胴では出来ない潮下への『当て釣り』に最も適したポジションとなります。

上級者にはミヨシでの釣りをお勧めします。

見晴らしも最高ですYO

【トモ】

魚探を含め船全体を見渡しやすいポジションになります。

獲物を左へ(左舷での釣りの場合)走らせることにより他乗船者とのオマツリを回避できます。

『当て釣り』もできますし、釣り道具やクーラーBOXやイケスが近いというメリットもありますが、プロペラでのラインブレイクのリスクが高い、ボートによってはスパンカーやロッドホルダー等の艤装品が邪魔で動きにくいというデメリットもあります。

【当て釣り】

ボートは常に移動しています。

ほとんど移動してくれない船長泣かせな潮のタイミングも稀にございますが(汗)

風や潮に乗って移動しているボートの進行方向側へ向かって軽くキャストする多角度でのジギングを『当て釣り』と呼んでいます。

角度が変わりながらしゃくり続けていきますので、同じしゃくりを続けていても変化のあるジャーキングで攻めることが出来ます。

ボートがジグ投入方向に向かって移動しながらラインがたるんでいきますので、始めはフォール時間の多いゆっくりしたルアーアクション、そしてロッドアクションがダイレクトに伝わるルアーアクション、そしてフォールの少ない上向きに偏ったルアーアクション。

真鯛なんかの外道はキャスト直後のゆっくりしたルアーアクションに反応が多いように思います。

ヤル気スイッチの入った青物はフォールの少ない上向きに偏ったルアーアクションに反応が多いように思います。

【結論】

上級者にはミヨシでの釣りをお勧めします。

初心者さんには胴での釣りをお勧めします。

→ ハヤシ動画はこちら

あなたもハヤシと浮かびませんか♪♪

小さなボートではございますが、少人数でお好きな釣り方をお好きなタックルで♪♪

YF-24はこのクラスでは最も安定していて釣りやすいボートだと思います!!

ささ、一緒に出撃しましょう (*`д´)b ツレルカワカンナイゾ

→ 遊漁船HP

→ 釣果速報