お魚とのやりとり

シェアする

SHIMANO大好きハヤシを1位にしましょう♪♪

下記をぽちっとお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ    にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ

まずは遊漁船のコマーシャルから・・・

【ameba遊漁船のお部屋】

釣れても釣れなくても、まさに『浮かんでるだけで幸せ♪』ですYO

ご予約・お問い合わせは『メール』からお願いします。

電話での応対はいたしません。

【遊漁船のお問い合わせはこちら】

北部九州地方は極寒の強風でしばらくは出撃できないみたいです。

ってことで、ネタが無い時のよもやま話を。

『お魚とのやりとり』

よくYoutubeなんかでプロのアングラーさんがジギングしててお魚がヒットしたらガンガン追いアワセして、がんがんライン巻き取っている動画を拝見します。

みなさんはマネしちゃダメですYO

まず、あんなにアワセたらラインがもちません。

フックを横にくわえて乗る子も多いのですが、せいぜいアワセは『軽くしっかり』3回までに!

あと、お魚が掛かってからゴリゴリ巻かないようにして下さい。

みなさんのPEラインはしゃくり続けていて、ガイドとの摩擦で細かな擦りキズだらけですからね。

プロアングラーさんたちは頻繁にラインの巻き替えをされているから、あんな強引なファイトが出来ているんだと認識しておいて下さい。

ドラグはPE3.0号でしたら4kgぐらいの設定で良いと思います。

それから、お魚とのやりとりですがプロアングラーさんみたいな『縦のやりとり』じゃなくって『前方へのやりとり』をしましょうね。

お魚さんはどうしても船底に向かって走りたがります。

船底にはカキがらやフジツボが付着しているかもしれません。

付着していなくっても、PEラインは摩擦にはすごく弱いので船底に触れただけでラインブレイクしてしまいます。

なるべく船底ではなく、自分の前方へ走らせるように!

ほら、船底へ船底へって走りたがっています・・・

ロッドエンドをおちんちんの横に当てて、竿を握る手はなるべく先の方を握って、なるべくお魚を前方に走らせましょう。

さぁ、ランディング体制に入ります。

お魚の頭の方向を操作しましょう。

ゆっくり回してゆっくり回して、お魚を操るのです。

竿先を水面に近付けてリールにだけに仕事をさせましょう。

お魚を水面から出してはいけませんYO

絶対に水面から出してはいけません!

水面から出た瞬間に『お魚の重量』がかかってきますから。

水中ではお魚の重量もかかっておりますが、お魚には浮力もかかっています。

お魚の水面から出た分だけ浮力が失われてしまいますから。

水面から出すとバレてしまいますYO

お魚を水面ギリギリに操作して、タモの方向に導いて『今だ!!』ってタイミングで竿を上げましょう。

だから竿は下げた状態でタモの方へ魚を誘導するんですYO

お見事♪♪ 立派なヒラマサGetですね (≧∇≦)b OK

以上、唐津魚師匠のボートからお送りしました。

唐津魚師匠のブログはコチラ

次回は『お魚は根には潜りませんYO』でも書かせて頂きます。