ハヤシのお勧めジグについて。

シェアする

SHIMANO大好きハヤシを1位にしましょう♪♪

下記をぽちっとお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
【にほんブログ村】

まずは遊漁船のコマーシャルから・・・

【ameba遊漁船のお部屋】

釣れても釣れなくても、まさに『浮かんでるだけで幸せ♪』ですYO

ご予約、お問い合わせは『メール』からお願いします。

電話での応対はいたしません。

【遊漁船のお問い合わせはこちら】

今夜はハヤシお勧めのメタルジグについてのお話です。

ボートジギングで使用するジグのお話です。スロジギはまだまだ勉強中ですのでまたの機会に。

No.1はやっぱりガタージグ (≧∇≦)b OK

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガタージグ S 150g SYB−I
価格:2700円(税込、送料別) (2018/1/25時点)

MCワークスさんの爆釣ジグです♪♪

GUTTER JIGはナチュラルドリフト、いわゆるドテラジギングをメインにデザインされた異色のジグである。ドテラジギングは潮、風、水深、根の形状と大きさ、根までの距離など思慮すべき要素が多くあり、ある意味バーチカルより微妙な部分で釣果に差が出るスタイルである。ジギングエキスパートのでんでん博士こと上原和彦が自分でナマリを鋳込み、沢山の試行錯誤を経てある種の解答にたどり着いたものが通称溝ジグことGUTTER JIGである。このジグには名前の通り溝がある。それは旋回性を高める為である。通常のスライドジグであれば、ある程度滑空しながらスライドするが、GUTTER JIGは極端に小さなロールアクションを行う。これが、遠く潮に流されたジグに生命感を与えることになる。GUTTER JIGは万能ジグではなく、主にドテラジギングを攻略しようとするハイレベルアングラー向きのジグである。

という事が記載されておりましたがww

ドテラボートジギングにおいてオールラウンドに活躍してくれるジグだと思います。

ハヤシも頻繁に使わせてもらってますYO

お次は、村越先生のMMジグ♪♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ MM(Murakoshi Max)ジグ2 150g
価格:1728円(税込、送料別) (2018/1/25時点)

村越正海監修よく飛び・早く沈み・楽ーシャクれる万能ジグ 「MMジグII」のコンセプトは、よく飛び・速く沈むこと。これはすなわち、手つかずのポイントを独占的に攻められることであり、誰よりも早く魚にアピールできることである。後部重心のロングシェイプボディが逆風をも打ち破り、潮流をものともせずに突き抜ける。数えきれないほど多くのテストを繰り返して辿り着いたスリムボディは、村越正海が本当に頼れる一本として研ぎ澄ませた究極の形で、シャクる際のストレスを全くと言ってよいほど釣り人に感じさせない。直線的なエッジを効かせることでジャークなどアクションを加えた時の動きがよりトリッキーに鋭くなっただけでなく、抵抗感が軽減したため、終日キャスト&リトリーブを繰り返すアングラーの負担軽減にも一役買っている。さらに左右非対称ボディを採用することによって、まるで生きた小魚のような泳ぎを再現することに成功。キャスティングとバーチカルジギングの両方に使用でき、ブリ・カンパチ・ヒラマサ・カツオ・シーバス・ヒラメ・マゴチ・タチウオ・シイラ・サバ・アメマス・サクラマスなどあらゆるフィッシュイーターに威力を発揮する。 ※掲載している商品の画像は代表画像を表示しています。また実物と色が違って見える場合があります。あらかじめご了承下さい。

って記載されていました。

お魚さんの『やる気スイッチ』が入っている際には入れ食いできますが、食いのシブい際にはちょっと難しいかな・・・

食いがシブい際にお魚さんをやる気にさせるジグは・・・

スミスのCBマサムネ!!

伝家の宝刀CB.マサムネは、近沿海でのジギングに焦点を当て、スロージギングのために開発したセンターバランスロングジグ。細身のロングボディーと水平志向の高アピール性を重視した結果、全ての長さを185mmで設計。上から95、115、135、155g 水切れの良さと多彩なアクションを演出させるため、ボディーは限界まで薄くしてエッヂを効かせ、水圧を受けやすいフラット面を長く狭くとって、ショート、ミディアムストロークのスロージャークでも、タイトなアクションを可能にさせたレーザーエッヂバック&フラット形状です。

との記載がございました。

150gじゃなくって、155gってところが男心をくすぐりますよねwww

みなさんが思っているほど、海中のジグはアクションしておりません。

ほとんど縦の動きしかしていないと思ってていいんじゃないでしょうか。

CBマサムネは、他のジグより横方向に動きやすく作られていますYO

底潮が死んでて、ラインが斜めってきたら使いにくいジグではありますが・・・

最後にお勧めしますのが、ハヤシが日頃 『秘密のルアー』 って呼んでいるSHIMANOさんのペブルスティック♪♪

軽いジャークで素早く横を向くスライドと、その後のフリーズアクション。過剰なフォールアクションを抑えたぺブル系の特徴である肉厚ボディに、スリム化してスリットを入れ水抜け感を追求。スローからハイピッチまで青物から根魚まで対応します。スリムが故に沈みもスムーズなので、260g以上のモデルは中深海にもおススメ。

との記載がございました。

重さの割にシルエットが小さいので、食いがシブい際にもオケ♪♪ 食いがたっているタイミングでもオケ♪♪

ただし、初期動作を大きくしてあげないとアクションしにくく作ってあります。

(メーカーさんは意図的にそうしてはいないと思いますが)

しゃくり始めに大きく激しくしゃくってあげないとアクションしません、って意味です。

ペブルスティックに助けられた釣行は数知れません。

しかも、SHIMANOさんのジグは安価です♪♪

塗装があまいので、すぐに鉛色になってしまいますがwww

今後はペブルスティックの使用頻度をもっともっと増やしていこうと思っておりますYO

『カラー』 にはあまりこだわらない方が良いと思います。

エギゾーさんの海中動画、水深50mぐらいのね。

あんな動画を拝見しますと、水深50mでもはっきりとカラーが識別できるようですが・・・

お魚さんはそんなに目は良くないですから。

カラーより 『ジグの動き』 に反応してバイトしているように思います。

身体中に張りめぐらせている側線で捕食対象を捉えているものと思われます。

メーカーさんはお魚を釣るために製品作っていませんから。

人間を釣るために製品を作っているんですからwww