ボートの流し方 その1 (*`д´)b ソノ2ハアルノカ?

シェアする

中条あやみ大好きハヤシを1位にしましょう♪♪

下記をぽちっとお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
にほんブログ村

7月24日(月曜日)は陸上でお仕事しております。

新しい係留場所がやっと決まってほっと一息ついております。

よくお問い合わせ頂きます『点』でなく『線』で釣るってお話・・・

なんか初心者に毛のはえた程度のハヤシにしては偉そうだし、周りのボート釣り師さんたちが爆釣しちゃうとお客さん減りそうで気が進みませんが・・・

サワリだけUPさせて頂きますYO

こんなかけあがりがあるとします。

この画像の水深40m地点を我々は『コブ』と呼んでおります。

例えば底潮が北東から南西に向かって流れていたとするとお魚はドコに居るのでしょうか?

こういう所に居ますYO

P1とP2は水深が違ってきますが、水深のお話は『気圧と水温』がからんできますのでまたの機会に。

みんなが思っている程には海中には酸素がございません。

お魚さんたちは酸素の豊富なP、つまりコブに潮流れがぶつかっているPに集まります。

プランクトンやエビ等の微生物だったりベイトだったりイーターだったりラジバンダリ・・・

つまりバンダリを探すのでしたら『底潮の流れ』を知ることが大切なのです!

底潮の流れを知る方法はみなさんご存じでしょうから省略させて頂きます。

これでは『点』でしかポイントをトレース出来ていませんから交通事故的にしか釣れません。

ボートの動きがこれではダメですYO

あっ!? ボートの移動軌跡色が緑からオレンジになっちゃったww

こういう流し方を実践しましょう♪♪

みなさん『釣れた』でしょ? 『釣った』って流し方を覚えたら喜び倍増ですYO

さらに『釣らせた』でしたら、んもうドーパミンでまくり (≧ω≦)b ハマッテオリマスw

ボートは基本的に風に対して直角に立ちます。

直角にならない『バウが先に風に押される』のでしたら船外機をチルトアップして調節して下さい。

こういうケースだったら?

ボートがバンダリPを舐めるようにトレース・・・

(≧ω≦)b コレデバクチョウ!!

※底潮と上潮が素直な1枚の状況に沿って説明させて頂いております。

もう1度・・・

『点』ではなく『線』でトレースするのです!

『コブ』を攻めて攻めて攻めてまくって、自分Pを20~30箇所持ちましょう。

すると『今日の潮と風ならあそこのPだな』的にターゲットPが浮かびますYO

広い広い海の上で、何も考えずにドテラで流しても交通事故的には釣れます。

もちろん、そういったお気楽Fishingも楽しいと思いますYO

なんせ『浮かんでるだけで幸せ♪』なんですから (≧∇≦)b

でも『戦略的に』たくさん釣りたいのでしたら、みんなに自慢できるような大物を釣りたいのでしたら考えるべきだと思います。

※ボート釣りはボートを立てた時点で90%勝負は決まってしまいます!

道具や腕の見せ所は残り10%

だってバンダリが居ないPではどんなスーパーアングラーがしゃくっても釣れませんからwww

ボート釣りは『いかに確立を上げるか』で釣果が決まってしまいます。

ボートの立て方、釣り方・・・

確立を上げる方法はたくさんありますYO

もちろん完璧に攻めても貧果に終わってしまう事もありますが(汗)

なにせ『自然相手』のスポーツですから。

偉そうな事をたくさん言っておりますが、世のスーパー船長さんどうぞお気を悪くなさらずに m(_ _)m

ハヤシは講義とか開催する気はございませんので m(_ _)m

でも、みなさんご提案ありがとうございました m(_ _)m